ラクガキ X イチロー X 継続できることを継続する

ブログ

上の画像はコピーOK!

イチローのことで、印象に残ってるのは、

高校時代の話。

寝る前に10分だけの素振りを3年間続けた…それが彼の誇りらしい。

そして、彼は、毎日の努力量が重要だと言うことだった。

イチローでさえ、ハードな練習量だと続けられないのだ。

彼が言ってたのは、続けられる範囲で、

なおかつレベルアップする練習量のメニューが重要とのことだった。

そうでないと、継続できないらしい。

 

これは、めちゃくちゃ重要なことだと思う。

ハードな練習や、メニュー、学習では、

続かないし、健康や精神も害してしまう。

続けることで進歩していけるのだが、

その続けるということがメチャクチャ難しいのだ。。。

 

数年前から、僕も色々と努力を続けている。

仕事のための学習とか、新たなスキルや知識を入れること。

健康のための筋トレとか、趣味の向上のためのワークアウト。

まあ、毎日かなりのメニューがある。

それをチェックシートで日々継続している。

その中で、ジャグリングを1年半前に始めた。

 

★ジャグリング★ロシアンボール スターター(3個セット)●101044815A

 

一日10分…食後などに10分練習してる。

目標は、『死ぬまでに5個のカスケードをする。』

素人からすると5個のカスケードなど、魔法使いに見える。

まずは3つのボールでカスケードからできるようになり、

シャワーやハーフシャワー、テニス…など複数の技ができるようになる。

そして、4つのボール。

そして、現在5つのボール!

初めの数回、5個でカスケードをできるようになった。

完璧ではないが、あと少しで習得できる。

正直、こんな早くできるようになると思わなかった。

実はモチベーションはほぼない。

ただ、毎日やると決めてるだけ。

何度も何度も失敗しているうちに、

脳が勝手に、これが上手くいく軌道。

上手くいかない軌道…と、

どの動きが的確かを統計していく。

 

これが、毎日1時間やるぞ!

では、続かない。

これが、1ヶ月でできるようになるぞ!

では、達成できない。

 

イチローも言っていた。

目標の決め方が一番難しいと。

毎日の続けれるメニューを見極めることが難しいと。

彼は世界一の記録を作った。

それを信じて、参考にする価値はある。

自分の人生に取り入れる価値はある。

 

僕たちが、毎日の生活の中で、

常に葛藤していることがある。

問題がある。

それにイチローイズムを取り入れて、

少しづつ問題を小さくしていけるのではないだろうか。

人生を前進させていけるのではないだろうか。

 

イチロー 262のメッセージ

小さな習慣

 

倖本悠矢

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました