ラクガキブログ『ニュートンを見習って、休学中・自宅待機中に世界を変えろ!』

ブログ
スポンサーリンク

 

新型コロナウイルスの影響で、

学生の人たちは休学になり、

社会人でも、テレワークや自宅待機を

余儀なくされている方も多いと思います。

 

メディアやネットを見ていると、

感染拡大や景気悪化の情報で

これからの未来が心配になり、

憂鬱になりますよね。

 

でも、

ジタバタしても、

どうしようもありません。

 

各々が今日できることに

集中するしかありません。

 

そこで、

少し勇気の出るお話を…

 

りんごが木から落ちるのを見て、

『万有引力』を発見した

アイザック・ニュートンさん。

 

 

彼は、万有引力にとどまらず、

『慣性の法則』

『加速度の法則』

『作用・反作用の法則』

を発見しています。

 

その彼が、

万有引力を発見したのは、

まさに、

1665年に腺ペスト大流行で、

大学が休学になり、

実家に戻った2年間の間です。

 

 

その時に、ニュートンが休学して、

万有引力を発見していなかったら、

今の発展した人類の社会は

存在しなかったかもしれません。

 

 

このエピソードを教訓に、

大変で、苦しい時期こそ、

発想の転換で、

「何か大きなチャンスになるかもしれない…!」

「自分を磨いて、飛躍する時かもしれない!」

と希望を持って頂けたら幸いです!

 

ピンチはチャンス!!!

発展のチャンス!!!!

 

アイザック・ニュートン―すべてを変えた科学者 (ビジュアル版伝記シリーズ)

 

 

悠矢

 

 

タイトルとURLをコピーしました