ラクガキブログ『芸あれば楽あり! 美輪明宏 正負の法則から』

ブログ

 

十代の頃から、この本のこのフレーズを読んでいる。

毎日朗読するノルマを作ったほどだ。

「芸あれば楽あり」

自分のスキルだけを武器に、

社会で戦っていこう、人や世の役に立っていこうと思っていたので

この文章は僕にとって聖書だった。

実際、この本の通りになっていってる。

努力はとても、面倒くさいし…ストレスだが、

それで得たスキルで、

取引先やクライアントから

「悠矢さんに頼んでよかった、助かりました!」

時には、

「神です!ありがとうございます!天才です!」

など、オベンチャラかもしれないが

感謝してもらえる。

そんな手紙やメールをもらうと、

努力してきて良かったと…

生きていて良かったとさえ思う。

 

仕事だけでなく、

趣味や家事でも、貪欲に努力して

知識やスキルを積み重ね続けていられるのは、

十代の頃に

暗記するほど唱えてきた この文章のおかげかもしれない。

 

以下 美輪明宏著 「正負の法則」 抜粋

 

<芸あれば楽あり>

世の中の様々な学問、知識、教養、技術を身につけるのは、

辛抱強さと努力で苦しいものです。

でもその代わりに、

世の中の何を観ても、どこへ行っても、知識と技術があれば、

退屈しませんし、

そのうちのどれかで、食べていくことができますし、

忙しく、生きがいと自分に対する信頼感と自信に満ち、

得体の知れない不安や劣等感や焦燥感にも襲われず、

仕事の可能性も広がり、活き活きと充実します。

そして同じレベルのひとたちとの交際の輪も広がります。

過剰な運動はいけませんが、

適当な運動なら面倒くさくても

動いたほうが健康で若々しくいられます。

 

 

ああ正負の法則

 

 

倖本悠矢

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました