ラクガキブログ『何かを求めることは、何かを求めないこと』

ブログ

コピーOK!

 

この人生の時間は有限。

自分の器も有限。

(人の可能性は無限だが、スキルを手に入れるのにも時間がかかる。)

何かを求めるということは、

何かを求めないということ。

 

そう言いつつも、

あれもこれもと頑張る。

 

うまくいく場合もあるが、

やはり限界がある。

 

なんのために生まれて来たかな?

あの世にいる時に、

この人生は、この弱点をクリアしよう。

これを成そう。

そうやって決めて、地球に降りて来たかもしれない。

 

今日、死んでしまうとしたら

何が後悔になるだろう。

 

人それぞれ…それは違う。

でも、神様はわかってる。

命についたラベルを見てる…

 

そして、自分もなんとなくわかってる。

例えば日々の日常で、

この今の時間幸せじゃないな。

モヤモヤするな…

それが大切なパーティーだったとしても…

この人といたくないな…嫌な気持ちになるな。

今日も、また無駄なことを繰り返したな…

もう、その快楽も、リスクも知ってるのに…

ああ、また時間を無駄にした…

…それが他人にとって

とても羨ましいことだとしても。

 

常識は常識として、

自分の人生とは関係ない。

常識を切り離して考えることで

答えが見えてくる。

 

今日地震が起こって、

家の下敷きになって死んだら、

「ああ、今回せっかく生まれて来たのに…

また、これをクリアしなかったな…」

そう思うかもしれない。

その思い浮かんだイメージが、

今回の人生のテーマかもしれない。

 

倖本悠矢

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました