ラクガキブログ『人は樹木と同じで、ある日突然大きく成長することはない』

ブログ

上の画像コピーOK!

家にある、ちょうど十数年前に買った本で

たまたま開いていいフレーズを見つけた。

僕も毎日、仕事や、ワークアウトのメニューがある。

でも、それは

明日や一ヶ月後や一年後に結果が出るものではない。

モヤモヤする日もある。

そんななか、

背中を押してもらえる読書になった。

 

そのページをお送りします。

斎藤茂太さんの「モタさんの落ち込みやすい人の大丈夫な考え方」

の82ページ 引用

 

11 小さな目標から始める

 あなたは自分の将来を、どんなふうにしたいと考えているだろうか。

 会社内での順調な昇進や、新しいスキルの習得、アイディアの実現、あるいはメンタルなことで、

いまよりもっとよくしていきたいと思っていることだろう。

 目標がある人の毎日は、張りのあるものになる。ステップアップできることはとても楽しく、自分に自信がつくののである。

 けれども、ときには思い通りに先に進めないこともある。

 そりの合わない上司と一緒に働くことになったり、競っていたライバルに負けてしまうかもしれない。ふとした瞬間にかいま見えた自分の性格や心のうちに、自己嫌悪することがあるかもしれない。

「もうダメだ」「なんて無力なんだろう」「もっと大人にならなければ」

 実は、そう感じた瞬間にこそ、伸びていける人、そうでない人との差が開くのである。

 思い通りに先に進めず、あきらめや悲しみの気持ちを感じるのは、めざしている目標にたどり着くまでに、息切れしてしまっている状態なのである。

 そんなときには、まず手前に、「小さな目標」を立ててみよう。そして、その目標が達成できたら、さらにまた次の「小さな目標」を立てる。

 それを繰り返すうち、あなたはきっと「めざしていた目標」に到達できるだろう。

 同時にまた、自分が大きく成長したことを実感できるにちがいない。

 自分の力の無さを感じたときに、そこでの努力をやめてしまうか、それとも、もっと違った視点を持てるか。

 これが、将来の成長や目標達成ができるかを決める、わかれ目になるのである。

 人は樹木と同じで、ある日突然大きく成長することはない。

 厳しい夏の日差しに晒されたり、思いがけない雪の重みで枝が折れたりしながらも、毎年少しずつ成長する。四季がめぐるごとに年輪を刻み、気がつけば、仰ぎ見るような大木になっているのである。

 成長を焦るのは、あなたのためにならない。

 ゆっくりでいいから、ひとつひとつ目標を定め、しっかりと歩いていこう。

 

Point 成長を焦らない、自分を励ますことを忘れない

 

 

モタさんの落ちこみやすい人の“大丈夫!”な考え方

 

 

倖本悠矢

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました